お祝い

やはり、日本人であれば、結婚式は神前式がおすすめです。神前式はその名前の通りで、神の前での挙式です。ですから、白無垢、袴というスタイルで行うのが一般的です。日本人ならこのスタイルが良いでしょう。 さて、神前式を最高の形で行うためには、事前の準備は当然大切です。実際にインターネットのウエディング関連サイトでチェックしてみるとわかりますが、かなり大きな神社などもあったりするのです。キリスト式に比べるとあんまりいいところがなさそうな印象ですが、実際のところはそうでもないです。 もちろん、そんなに凄いところでなくても良ければ、シティーホテルでも大丈夫です。 お得に利用したいなら、キャンペーンやブライダルフェアでの申し込みです。

一般的には結婚式をあげる場合、挙式と披露宴がセットです。そして、挙式が神前式であっても、キリスト式であっても、ここの差で結婚式全体にかかってくる費用で差はほとんどでないです。 大きく関係してくるのがどんな披露宴にするかでしょう。そこが一番大きく金額が左右する場所です。 では、一般的な価格はどれくらいでしょう。総額では出席する人数で大きく異なりますが、単価では1人あたり3万円が一般的と言えるでしょう。ですから、仮に100人の参加であれば、300万円かかるという感じです。 こうしてみるとかなり費用がかかるということです。もちろん、ご祝儀をもらうことにはなりますが、それでも事前の準備はとても大切なのです。